活動報告ブログ

毎合宿の活動を報告しています。


5/19(土),20(日)合宿 (金, 25 5月 2018)

こんばんは。3年目サポーターの稲村です。 5/19(土),20(日)の合宿についてご報告させていただきます。 まず初めに、練習に参加していただいた金井恭佑氏、田林保則氏、福田雄太氏、20日の祝津カップの運営をしていただいた長尾美里氏、松下凪氏、三浦菜摘氏、ありがとうございました。 19日(土)は、強風予報と土砂降りのため、午前中は合宿所で過ごしました。先週の高木さん合宿をふまえて、北大ヨット部の合宿生活において改善するべきことなどを各年目で話し合い、全体で共有しました。午後は雨が弱まり練習を行いました。最初は風がありませんでしたが、徐々にでてきて、帆走練習、回航練習、スタート練習、レース練習などを行いました。 20日(日)は、祝津カップが行われました。470は4艇、snipeは2年目選手を全員含む9艇で出場しました。北西の4m/sほどの風で1レース行ったあと、風が振れたり弱まったりしてなかなかレースができず、午後の風が上がってきたころに2レース目を始めましたが、そのまま12m/sまで上がったためにノーレースとなり、ハーバーバックしました。強風のため早くにリタイアを決めた艇もいましたが、新人選手もいたため多くの艇はレスキューされて着艇しました。少年団のチャッカーにもレスキューしていただきました。ありがとうございました。 以下、リザルトです。 snipe(全13艇) 31138 桑内 岡本 5点 5位 30995 堀井 秋山 4点 4位 29903 西田 小野 1点 1位 31135 遠藤貴仁 河合 7点 7位 30636 遠藤英雄 谷澤 11点 11位 28758 稲垣 亀岡 10点 10位 28155 濱西 米田 9点 9位 31148 佐藤 中西 3点 3位 29175 吉田 榎並 6点 6位 470(全12艇) 4094 大西 村上6点 6位 4091 立花 小林 10点 10位 4046 尾花 小倉 2点 2位 4290 福田氏 北原 7点 7位 今合宿からOBさんの協力もありB海面での練習も始まりました。今年はほとんどの2年目はB海面での練習となり、B海面ならではの悩みや葛藤も例年通り出てくると思いますが、来年からは戦力となる存在なので、楽しく練習をしてほしいと思います。 また、今合宿の土曜日のように、下級生が普段感じていることなどを言う機会を作るのはとても大切だと思いました。部員全員で良いチームを作っていけたらと思います。 来合宿は東北遠征、広島遠征、祝津での合宿と3ヶ所に分かれてレースや練習を行います。3,4年目の多くは遠征に行くため祝津にいるのはほとんど1,2年目という状況になりますが、いつもとは違う環境でそれぞれがんばりたいと思います。 失礼いたします。
>> 続きを読む

5月12,13日合宿 (木, 17 5月 2018)

こんばんは、3年目スナイプクルーの秋山です。5月12,13日の活動を報告致します。 まずはじめに、鈴木和氏、福田雄太氏、練習に参加して頂きありがとうございました。今回の合宿では日本大学のOBであり、FJ級世界選手権優勝、470級アジア選手権優勝などの様々な功績を残されておられ、現在はコーチとして活躍していらっしゃる高木克也氏をお招きし、2日間を通して様々な事を教えて頂きました。1日目は午前中は最初無風だったため陸でセッティングの取り方やマーキングについて教えて頂き、その後少し風が出てきたので出艇してstop&goの練習をし、昼に着艇しました。午後はまた最初にstop&goをした後、回航、スタート練習をしました。どれも密度の高い練習でしたが特にスタート練習は毎回予告から何分後にスタートするか変わったり、あえてルーティンを崩して変化に対応する力が求められました。2日目は最初はまた無風でしたがその後強風に変わり1日通して主に帆走練習をしました。 今回の合宿で高木さんには今まで自分達では気づいていなかった事、また気づいてはいたが出来ていなかった事などを様々な場面で指摘して頂きました。その中でも僕が特に大事だと思ったのは、このチームは数人が舵を取っていて他の人はそれに乗っかっているだけだ、と仰られた事です。来年からチームの運営をしていかなければならない僕たち3年目にとって、今年は来年に活かせる経験を積む為の絶好の機会であり、もっと1人1人が全体の事を考えて動いていく必要があると感じました。今回の合宿で得られた事をこれからの練習や合宿生活でも活かしていきたいと思います。それでは、失礼致します。
>> 続きを読む

ゴールデンウィーク合宿後半 (月, 07 5月 2018)

こんにちは。三年目の谷澤です。 まずは春季レースの運営、応援に来て下さった 溝口誠祥氏、森下悠理氏、田林保則氏、長尾美里氏、松下凪氏、金井恭佑氏、鈴木和氏、三浦菜摘氏、福田雄太氏、西野峻史氏、成瀬未帆氏、羽田野真平氏、ありがとうございました。 また、先合宿に引き続き松苗幸希氏にコーチングをして頂きました。ありがとうございました。 今週の合宿はゴールデンウィーク後半の合宿という事で4日間の合宿を行いました。最初の2日間は回航、帆走、レース練習を行い残りの2日間が春季レースという日程でした。 今シーズンの初レースでしたが風が強く波が高いコンディションだったので多くの艇がトラブルを起こしてしまいました。自分の艇もトラブルで二レース横文字をたたいてしまいました。 また日曜日の夜には春季レースコンパが行われ委員決め、クラス決め、ファミリー決めを行いました。一年目にとっては初めての合宿で非常に疲れていたと思いますがコンパで多くの上級生と話をして徐々に打ち解けていったと思います。 それでは失礼致します。
>> 続きを読む

ゴールデンウィーク合宿前半 (火, 01 5月 2018)

こんばんわ。 3年目スナイプヘルムスの堀井です。 ゴールデンウィーク合宿前半(4/28〜30)についての活動を報告させていただきます。はじめに合宿に参加してくださいました平井寛能氏、楠浩輔氏、平井朋子氏、菅野奨太氏、長尾美里氏、福田雄太氏ありがとうございました。 今合宿は北海道出身で、大学時代は鹿屋体育大学のスナイプチームを全日優勝へと導き、ナショナルチームでも活躍された松苗幸希氏をお招きし、3日間を通して様々なことを教えていただきました。練習は室蘭工業大学さんと合同で行いました。1日目はVMGを走ることについて教わりました。具体的にはテルテールのなびかせ方、ピンチやドライブのモードの切り替えをはじめとしてブローを見ることの重要性、振れの予測などについても細かく丁寧に教えていただきました。VMGを走るということについてこれまで基本的な知識として知ってはいるものの、実際に突き詰めて考えてきていなかったため全国に比べて安定した走りができていなかったのではないかと思いました。2日目は風がなかったため、半分遊びのような練習をしました。ロールをためてセンターを触りにいったり、船の周りを歩き回ったり、船を縦に沈させようとしたりする変わった練習です。部員は普段やったこともないような練習で「なんだこの練習は!」と思いつつも楽しんでいるように思いました。個人的には結構楽しかったのでたまにはこんな練習もしたいと思いました。3日目は最終日ということで個人の走りということよりはレースで勝つということを意識して、コースプランニングやタクティクスについて教えて頂きました。レース練習の後には自分たちがどう考えてどのようにコースを引いたのか発表し合い、それについてコメントしてもらったので、実際にレースにおける実践的な戦術がわかり良かったです。 3日間を通して、振れとブローラルが激しく、練習をするには厳しいコンディションが多かったのですが、陸での座学ではこれまで知らなかったことをたくさん知ることができ、洋上に出たら出たで新しく知ったことをすぐに実践できたのでとても有意義な合宿になりました。 最後になりますが、この3日間多くのことを教えてくださった松苗さん本当にありがとうございました。これから北海道水域も全国で上位に食い込めるよう、練習に励んでいきたいと思います。それでは失礼します。
>> 続きを読む

入部コンパ (土, 28 4月 2018)

こんばんは、3年目SNIPEクルーの米田です。4/26日に行われた入部コンパについて報告させて頂きます。まずはじめに鈴木英一氏、繁永幸久氏、森下悠里氏、田林保則氏、長尾美里氏、松下凪氏、藤田菜美氏、鈴木和氏、三浦菜摘氏、西野峻史氏、成瀬未帆氏、福田雄太氏、入部コンパに参加していだだき、ありがとうございました。 会場は例年通りグランド居酒屋富士で行われました。鈴木会長や繁永氏の挨拶をお聞きした後、1年生の自己紹介がありました。他にも主将である佐藤のちょっとだけ笑える小話もあり、大変盛り上がりました。その後もいつくかのグループに別れて二次会、三次会を行い、1年生と親睦を深めました。 今年は新入生が15人とここ2、3年と比べて少ないですが、新入生の自己紹介では皆個性豊かで、おもしろい代になりそうな予感がしました。新入生はヨット部が体育会の部活で、毎週合宿をしてかなり忙しいということもあり、入部するかどうかを大いに悩んだと思います。悩んで悩んで、でも入部を決めてくれたのは、しんどいこと以上に北大ヨット部の魅力に惹かれたからだと思います。1年生がこれからもずっとヨット部に魅力を感じられるように、自分たちが部活を盛り上げて行こうと思います。それでは、失礼致します。
>> 続きを読む

4月21,22日合宿 (火, 24 4月 2018)

おはようございます、三年目470クルーの小林可怜です。 まずはじめに、練習に参加して頂いた菅野奨太氏、金井恭佑氏、藤田菜美氏、鈴木和氏、西野峻史氏、福田雄太氏、本当にありがとうございました。 土曜日は南西の風、470が8杯、snipeが6杯で練習を行いました。非常に風の不安定なコンディションで、無風と強風を繰り返し、着艇頃には10m近くまで吹き上がりました。二年目の新人ヘルムスはOBさんに乗せかえて頂き、何とか全艇無事に着艇することができました。 二年目も全員配艇に組み込んだ多数杯で練習を行えているのも、OBさんが祝津まで足を運び、練習を見てくださるおかげです。本当にありがとうございます。 日曜日は北西4,5m程の風が吹き、470はタック・ジャイブ練、スタート・コース練、snipeは回航練、フィットネススタート、スタ練を行いました。 最近はサポーターがコース練の結果をエクセルでまとめてくれたり、選手も少人数遠征で持ち帰った練習方法を組み込んだり、より良い練習をしようとする雰囲気を感じます。 また、今週は最後の試乗会でしたが、ようやく天気に恵まれ、土曜は17人、日曜は29人の新入生が参加してくれました。両日とも入部宣言をしてくれる新入生がいましたが、例年に比べると数が少なく、焦りも感じています。 ヨット部はかめばかむほど深みの出る部活なので、入部するのが一番勇気が必要なのかもしれません。とりあえず噛み続けてみている私達からすると、悩む新入生の気持ちもわかりつつ、でもやっぱり入ってほしいなと思います。入部コンパまでのあと数日、頑張っていく所存です。 ヨット部で一番しんどい4月ももうすぐ終わろうとしています。祝津もようやく暖かくなってきて、いよいよヨットシーズンの始まりです。今年の基本方針「当たり前のことを当たり前に」を忘れずに、皆で精進してまいります! それでは失礼いたします。
>> 続きを読む

4月14,15日合宿 (月, 16 4月 2018)

 こんにちは。3年目スナイプクルーの河合です。4月14,15日の活動を報告いたします。  まずはじめに、森下悠理氏、金井恭佑氏、鈴木和氏、西野峻史氏、福田雄太氏、練習に参加していただき、ありがとうございました。  午前は、両日とも、スナイプが回航練習とStop&Goとフィットネススタートをし、470が回航練習とショートレースをしました。回航練習は下マークをテール・トゥー・ノーズでスタートし、上下2周します。水をあけないようにしたり、インをとったり、交渉したり、競争意識を持って行います。先週からこの練習をしていますが、日に日に交渉の声が飛び交う回数が増えているかなと思います。ですが、私は他の人に比べて、回数も少ないし声も小さいです。もっと強気で、もっと先手を取って行かないといけないなと思いました。  午後は試乗会を行い、14日は24人、15日は雨の降るなか26人の新入生が参加してくれました。天候が心配でしたが、無事2日とも全員の新入生をヨットに乗せてあげることができて良かったです。残念ながら試乗会終わりの全体ミーティングでの入部宣言者はいませんでしたが、合宿明けの今日、入部を決めてくれた子がいます!新歓イベントも半分以上終え、残り少なくなって来ましたが、目標人数の20人を達成できるように頑張っていきたいと思います。  それでは失礼致します。
>> 続きを読む

合宿、試乗会(4月7日〜8日) (月, 09 4月 2018)

こんちには。3年目の遠藤貴仁です。 4月7日〜8日の合宿と試乗会について報告させていただきます。 今合宿は祝津でのシーズン初めての合宿であり、4月はじめと言うこともあり寒さが厳しい中で行われました。 7日は午前中はマリーナが開いていないため、艇の整備と試乗会の要項の読み合わせをし、午後には雪も降り止み練習をしました。 寒さが厳しい中での練習ではありましたが目標達成に向けて全員頑張っていました。 日曜日は今シーズン初の試乗会が行われ6人の新入生が参加してくれました。風が中々強い中行われた試乗会でしたが、新入生もヨットに乗ることができ、良い新歓になったと思います。 残念ながらこの試乗会での入部者はいませんでした。 4月の1日に行われた新歓決起集会で今年度の新歓PVを部員で鑑賞し、20人の新入部員を獲得するという意気込みを強くした矢先のことではありましたが、まだ1週目なのでこれから残りの3週間で取り戻して目標を達成出来るように頑張っていきたいと思います。 それでは失礼致します。
>> 続きを読む

4月1日(日)ハーバー開き、海保講習、積み下ろし (火, 03 4月 2018)

こんばんは。 3年目の宮本です。 4月1日(日)に行われましたハーバー開き、海保講習、積み下ろしについて報告いたします。 午前中にはハーバー開きと海保講習がありました。祝津でのシーズンインに気持ちが高まるとともに、安全への意識が再喚起され、気が引き締まりました。 また、緊急時のワッチ対応や漁港視察などのツアーを行い、全員が非常事態に対応できるように確認 しました。 午後からは積み下ろし、上艇庫・合宿所掃除、チャッカーのシーズン前点検を手分けして行いました。 来合宿からの練習及び試乗会に向けて、各自準備を整えられたのではないかと思います。 そして、例年に比べ暖かいとはいえ、やはり祝津は寒かったです。 身体の芯まで冷え切ってかなり疲労が溜まった状態の人も多いとは思いますが、健康第一で頑張っていきます! それでは失礼いたします。
>> 続きを読む

九州遠征前半(3/7〜3/13) (日, 01 4月 2018)

こんにちは。3年目snipeクルーの秋山です。 3/7~3/13までの九州遠征の活動報告をさせていただきます。はじめにチャーター艇をお貸しして頂いた福岡大学、練習に参加させて頂いた九州大学の方々には大変お世話になりました。この場を借りて感謝申し上げます。 まず、3/6は桑内と三重から九州へ移動し、福岡大とチャーター艇の引き渡しをし、艇チェックを行いました。3/8と3/11は九大の練習が休みで3/9は午前中が強風のため陸で筋トレをして午後から出艇をしましたが、艇トラブルが生じた為すぐに着艇をしました。その為、実質的に九大と共に練習が出来たのは3/7、3/10、3/12、3/13の4日間でした。どの日も基本的に微風で時おり入ってくるブローで風速5m/sに上がるといったコンディションでしたが、九大の練習は密度が濃く非常に多くのものを得ることが出来ました。 九大の練習は朝集合してからのランニングで始まり、その後その日の練習目標などについてミーティングしてから9時半頃に出艇し、昼着艇はせず洋上でエッセンを食べ夕方の午後4時に着艇します。ハーバーが7時に閉まる為6時半ごろに一旦解散、その後ハーバーに近い場所に住んでいる部員の家に数班に分かれて集まり、夜ご飯を食べながらその日の練習動画を見て反省をし、午後10時頃に解散して練習を終えるといったものでした。 ヨットの技術はもちろんですが、限られた練習時間の中でやれる事を最大限やろうとするその姿勢にも学ぶべきものが多くあると感じました。また、九大は北大なら着艇すると考えられる程風が弱い時でも練習を続行し、たとえほぼ無風でもより速く走らせる方法を模索していました。こういったヨットに対するストイックな姿勢が国立大学でありながらも九大を全国上位に押し上げているのだと思い、北大にも取り入れていかなければいけないと思いました。  ここで得た経験を北大ヨット部に持ち帰り、全国上位を狙えるようなより良い部活に出来るよう頑張っていきたいと思います。では失礼します。
>> 続きを読む